脂肪燃焼でダイエット

脂肪燃焼ってなに?

脂肪燃焼ってなに?

脂肪燃焼の仕組みをみていきましょう。

脂肪燃焼のメカニズムを知れば、どのような運動が効果的なのか?

きっと理解できるでしょう。

脂肪は体のエネルギーの源であり、脂肪がなければ運動することはできません。

脂肪細胞に蓄積されている脂肪は、運動や食事制限によりエネルギー源として使われます。

運動をすると体温が上昇しますが、それによって血糖値が下がります。

すると、下がり始めた血糖値を安定させるために、血液中にグルカゴンというホルモンが分泌されます。

それによって、脂肪分解酵素リバーゼが働き始め、体脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解するのです。

分解された脂肪酸は血液中に入ります。この脂肪の分解によって生じる脂肪酸を遊離脂肪酸と言います。

遊離脂肪酸は血液によって筋肉に運ばれ、エネルギーとして消費されていくのです。

これが脂肪燃焼の仕組みです。

つまり、運動することによって、脂肪を燃焼させることができるのです。

遊離脂肪酸は通常でも存在しています。

たとえば、20分以上有酸素運動をしなければ効果がないと言われるのはなぜでしょう?

それは、遊離脂肪酸が消費され、体脂肪の分解が始まるまでにそのくらいの時間がかかるということです。

20分で運動を止めてしまうと、まだ脂肪の分解がスタートしていないということになるのです。

また、有酸素運動で重要なポイントは、適度な運動量であることです。

代表的な有酸素運動としては、ランニング、ウオーキング、サイクリング、水泳などがあげられます。

軽い運動ではエネルギーの消費が少なく、十分に脂肪の分解が進みません。

体力のある人は、それなりの負荷をかけてやる必要があるでしょう。